アウトドア情報センター  
 
    会社概要 アウトドアイベント テレビ・ラジオ番組出演 新聞・雑誌 アウトドアセミナー 社会貢献活動 自然遊び    
防災アウトドア | 防災グッズ(持ち出し缶) | 防災キャンプイベント
   

被災時の非常持ち出しセット 〜防災アウトドアグッズ

当社「アウトドア情報センター」がプロデュースした、被災時に役立つ『非常持ち出しセット』を紹介します。地震や台風などに合い被災生活を余儀なくされる時に、非常に役立つグッズが盛り込まれています。グッズは全て、中央にある赤い缶(持ち出し缶)に収納でき、この缶を玄関先に置いておけば、いざ非難する時にも忘れずに持ち出せるというわけです。

「多機能ナイフ(ツールナイフ)」や「軍手」など、アウトドアならではのグッズも入っています。特に多機能ナイフは、缶切りやマイナスドライバー、やすりなど、コンパクトなのに様々な機能が付属しており、道具が満足に揃わない被災生活では、かなり重宝するグッズです。

他には、被災時に欠かせない「携帯ラジオ」や「懐中電灯」、雨露をしのいだり寝袋代わりにもなる「防寒シート」、敷物やテント代わりにもなる「ブルーシート」、ひっくり返っても周りに引火しない上に長時間持つ「ろうそくキッド」、ケガをした時の応急処置キッド(バンドエイドやガーゼや包帯などが入った小型の救急箱)などを内包しています。

また、持ち出し缶自体も椅子として使ったり、水を汲んだり、焚き木が出来たりと、様々な用途に使えるように、丈夫な金属製の缶にしています。

アウトドア情報センターがプロデュースした防災缶について、さらに詳しく知りたい方、及びご購入を希望の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。上記の防災缶は、在庫限りの商品ですのでお早めに。

持ち出しセット以外にも必要になる物

上記の持ち出しセットには、食料は入っておりません。被災時には間違いなく食糧難になりますので、長期保存が利く非常食を一緒に入れておくのが得策です。また、すぐに火を起こせるという点で、ライターを一本入れておけば便利です。

他では、持病のある方は常備薬を、女性の方なら生理用品なども、持ち出しセットに入れておくのがよいでしょう。実際に災害に合ったときには、時間的にも精神的にも余裕が無いので、必要なものを確認している暇などありません。日頃から、自分が生きていく上で必要不可欠なものを、あらかじめ防災セットに入れておくべきです。

 

   
アウトドア情報センター > 防災アウトドア > 防災グッズ(持ち出し缶)