rokkosan cafe


山カフェプロジェクトの第一弾は六甲山からスタートします。

そう、これが六甲山カフェです。


六甲山は阪神間の北に東西50kmにも及ぶ長大な山。

六甲山は日本ハイキングの発祥の地。
明治末期にイギリス人グルームが六甲山ではじめた気軽な遊歩遊びが
日本のハイキングの発祥とされています。


グルーム像

そんなハイキングのホスピタリティとして六甲の山には
古くからお茶屋が開かれた。
休憩のためにお茶を飲む場所としては勿論のこと、
当時はかっこよくて新しい遊びであるハイキングを楽しむ人たちの
憩いの場でもあり、情報交換の場でもあった。

これままさに現代の”カフェ”そのもの。

時は移り、山のカフェはハイキングの衰退とともに次第に忘れ去られ
昔を懐かしむ人々の有志によって細々と続いています。
時を同じくして六甲山の衰退が徐々に始まりました。

かつてはかっこいい遊びであったハイキングがいまや古臭くなり、
六甲山に登る理由が今の若者にはあまり見当たらない。


しかし、サロンとしてのカフェは山を降り
街中で続々と開かれています。

そこで私達は考えました。

また、山でカフェを開いたらどうだろうと。

六甲山やハイキングに興味はなくとも
美味しいコーヒーやスイーツ求めて山に入る。
そこには街中のイケテルカフェのように
面白い人の交流があって、
そこに行けさえすれば
”何かが始まりそうな予感”
をもったカフェがあるとどうなるのだろう。

これが六甲山カフェを開いた理由です。

今回、六甲山カフェの場所に選んだのは芦屋の高座の滝にある
大谷茶屋さん
高座の滝はロッククライミングの発祥の地である
ロックガーデンの入り口にある優麗な場所。



私達の山カフェプロジェクトのことを
お話させていただくと快く貸していただけました。

大谷茶屋さん、ありがとうございました。

この歴史ある茶屋を借りて1日だけカフェを開くことになりました。

山カフェプロジェクトとして、
今回の六甲山カフェはプレオープンとなります。

六甲山カフェpreを開催を宣言すると、沢山の方々との出会いがありました。

六甲山カフェは来年春に向けて本格的に始動いたします。



六甲山カフェpre

実施日時 2004年11月23日
営業時間 AM10:00〜PM3:00

詳細

チラシ
http://www.high-soft.com/imgs/rokkoomote1121.pdf

*駐車場がありませんので、お車でのお越しはご遠慮ください。

(注)六甲山カフェpreは好評のうちの終了いたしました。
当日の模様はこちらからどうぞ

rokkosancafe report

企画/運営 山カフェプロジェクト準備委員会
info@yamacafe.com

バックの紅葉写真は六甲山を撮り続ける円満堂氏の写真を使いました

ホームへもどる