rokkosancafe pre

六甲山カフェpre.の開催について



1.開催趣旨

明治末期に英国人グルームによって開かれ、大正末期には藤木九三らRCC(ロック・クライミング・クラブ)の開拓により
近代登山発祥の地として全国に知られて以来、毎日登山と全山縦走に象徴される独特の登山文化を生み出してきた「六甲山」。

海から近く、市街地に直結した環境から多くの登山者に親しまれ、
誰もが気軽に山歩きと自然を楽しめる山として、今でも多くの登山者を受け入れています。

 一方で、「登山」自体が若い人たちにとってはメジャーなものではなくなりつつあります。

さまざまな娯楽にあふれる現代において、わざわざ山に登ることの楽しみを、

世代を超えた一般的なものとしていくためには、いったい何が必要なのか?

 「六甲山カフェ」プロジェクトでは、“一日カフェ”という形で若い人たちが集まるカフェを六甲山麓の茶屋に持ち込み、

そこから「山」の文化と「街」の文化をつなぎ、世代を超えた交流を生み出すことをめざしています。

なおこのイベントはどなたでもご参加いただけます。


2.開催日・開催場所

   平成161123日(火・祝)
芦屋ロックガーデン大谷茶屋(
Tel 0797-34-1783)とその周辺

 
普通の大谷茶屋界隈
ここが山カフェへと様変わりします


六甲山カフェへの行きかた
阪急芦屋川駅より北へ徒歩20分、芦屋高座の滝下

地図


高座の滝まではこんな道が続きます。

(注)駐車場がありません。お車でのお越しはご遠慮ください。
駅より20分ほどの距離ですが多少坂がありますので歩きやすい靴でお越しください。

六甲山 カフェ営業時間 10:0015:00

3概 要

芦屋高座の滝大谷茶屋にて六甲山1日限定カフェの開催
10:00-15:00 cafe yma(池辺青さん・緑さん)による 一日カフェ

同時実施イベント
「六甲山の茶屋文化」講演会の実施
「六甲山で何をしよう」をテーマにしたシンポジウムの開催
六甲山写真ギャラリーの開催(円満堂修治「六甲の唄」)
笑撃武芸団によるパフォーマンス
菊池ドクケン氏による気功整体リンドウ体験
DJ:桃井雅子

同時開催
滝の茶屋にて焼き菓子の販売、写真展開催


4、各催しの詳細

〜カフェ〜
カフェ運営スタッフ
池辺 緑・池辺 青 cafe yma(ドリンク、スイーツ、ランチ)下城民夫(六甲山パエリア)

六甲山カフェメニュー
12穀米を含め30品目摂取を目指したランチのご提供も予定しております。
他、六甲山パエリア(free)

*カフェにて使用するカップ、皿は陶芸家長谷川 正氏の作品です。
長谷川正websaite
ceramicaLABORATORY http://www.ceramica.ne.jp


講演会〜 
開催場所/大谷茶屋2Fサロン
10:3011:30 定員:20名 参加費1000円
日本で初めてのロッククライミングクラブ RCCの創始者藤木九三氏のご子息で
写真家・探検家としても著名な藤木高嶺におよる「六甲の茶屋文化」お話をしていただきます。
講師:藤木高嶺氏(探検家
・大阪国際大学名誉教授)

 〜シンポジウム〜
開催場所/大谷茶屋2Fサロン
12:3014:00
定員:20名
「六甲山」を登山者やハイカーだけでなく、一般の若い人たちにも親しんでもらえる仕掛けをいかに作っていくかについて、
山の専門家、街遊びの専門家から一般の若者までを巻き込み、話し合いを行います。
 

シンポジウム参加者(予定)
  加藤芳樹氏(山と渓谷社大阪支局編集長)
  円満堂修治氏(写真家)
  酒井敏行氏(ナカニシヤ出版編集長)
  山田美樹氏(主婦・編集者)
  小久保吉庸氏(「人生を豊かにする遊び方」著者)
  前田○○(焙煎技術者)
  城村勉(ライフコンサルタント)
  菩提沙陀(ダンサー・ヒーリングマスター)
  川上豪(元「神戸っ子」編集者)
  中村圭志氏(山と渓谷「ヤマケイ関西」ディレクター)
  下城民夫(アウトドア情報センター所長) ほか
  
司会:山納 洋(メビック扇町・SINGLES PROJECT)



〜ミニライブ〜
六甲山カフェの考え方に賛同していただいた方々によるミニライブを開催いたします。

笑撃武芸団によるパフォーマンス
南京玉簾他(午前中予定)

菊池ドクケン氏による気功整体リンドウ体験
気持ちい場所で気持ちいい気功体験
(カフェ営業時間開催)

DJ:桃井雅子
DJ桃木雅子女史によるライブDJ
(カフェ営業時間適時)


〜六甲山写真ギャラリー〜
大谷茶屋2F及び滝の茶屋、高座の滝周辺
六甲山を撮り続ける写真家円満堂修治氏の六甲山写真展


他インド舞踏家による舞踏ショーも予定しております。

  街中のカフェギャラリーの雰囲気で写真展・イラスト展などを開催いたします。

「六甲山カフェ」プロジェクトは平成17年春に「六甲山カフェvol.1」として本格開催の予定です。


4.企画メンバー

  中村圭志 山と渓谷「ヤマケイ関西」ディレクター

  下城民夫 アウトドア情報センター所長

  松本秀浩 (有)クリームハイソフト事業部pjt.マネージャー、アウトドア情報センタースタッフ

  山納 洋 扇町インキュベーションセンター所長補佐、SINGLES PROJECT代表

 操本 都 情報センター「J-ONE」媒体流通課

  上田素子 ママンテラス企画室

  池辺 緑・池辺 青 cafe yma 

  小川聡子 グラフィックデザイナー   他    


企画/運営 山カフェプロジェクト準備委員会
nfo@yamacafe.com

ホームへもどる